これだけは気をつけたい!太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムは設置費用が高い

太陽光発電システムを設置するためにはある程度の費用が必要だということ。たとえば、容量が3.5kWの太陽光発電システムを設置するために必要な費用は、87.5万円とされています。(1kWあたり25万円で試算)

これは、当サイトが調査した中でコストダウンに成功したトップクラスの施工会社が提示した金額です。一般的には、1kWあたり30万円を切ったあたりが相場と言えるでしょう。

2001年時点では1kWあたり約267万円、2006年で約239万円、2011年で約181万円が太陽光発電の相場でした。震災後の固定価格買取制度(FIT)の貢献で急激に安くなりましたが、それでも100万円に近い大きな買い物であることは変わらないでしょう。

特に値下がりが大きかったのはソーラーパネルや工事費用です。今後も少しずつの値下がりが予想されますが、これまでほどの価格破壊は望めないでしょう。

国の補助金が終了してしまった

これまで、太陽光発電の設置に対して国がいくらかの補助金を出していました。補助金制度は2014年に終了したきりです。残るは、自治体が独自に行う市町村ごとの補助金しかありません。

先ほどみたように、10年以上前に比べると太陽光発電は格段に安くなっています。裏を返すと、それだけ買い求めやすくなったから補助金も終了した、とみることもできます。

天候に発電量が左右される

太陽光発電は、日光が当たらなければ発電することができません。夜間は発電できませんし、天気が悪いときは発電量が下がってしまいます。天候に左右されて、発電量が毎日一定ではないことも、太陽光発電のデメリットなのです。

影の当たり具合は、時間によって変化します。太陽光発電の一部でも周りの建物の影に入る時間が長くなれば、発電量は落ちてしまいます。設置するときは、屋根の向きや高さの他に、周囲の環境を注意深く観察しなければなりません。

太陽光発電の施工会社は、周囲の障害物が及ぼす影の影響を加味した発電量をシミュレーションできます。家の図面だけを渡して見積もりを依頼するのではなく、面倒でも現地を見てもらう方が、日当たりや影などの潜在的なリスクの発見に繋がります。

メンテナンスが必要

太陽光発電システムは、設置したら終わりというわけではありません。ソーラーパネルは月日が経つごとに汚れていき、発電量の低下や、悪い場合は故障にまで繋がるケースがあります。

ケーブルや留め具など、各種部品の経年劣化も定期点検が強く推奨されています。安定的な発電量を確保するために、定期的なメンテナンスは必要不可欠なのです。

点検費用も太陽光発電のデメリットになり得ますが、4年に1回程度のメンテナンスで長期にわたり発電し続けてくれます。メンテナンス体制は太陽光発電の義務ですが、毎年欠かさずメンテナンスしなければならないとまでは決まっていないのです。

売電価格が下がってきている

太陽光で発電した電力は、固定価格買取制度(FIT)で電力会社に買い取ってもらえますが、電力の買取価格(売電価格)は年ごとに安くなっています。太陽光発電を始めるのが遅かった設備は、同じ電力でも買取価格が安いのです。

2010年に太陽光発電を始めたひとは、1kWhの電力を48円で売ることができます。2019年に始めた人は、同じ量の電力でも24円/26円(※)の値段しかつきません。

つまり、過去の事例と比べて売電収入が減ってしまって、損な感じに思えてしまうのです。

10kW未満の場合、2010年で48円、2011年・2012年で42円、2013年で38円、2014年で37円、2015年は33円(出力制御対応機器設置義務なしの場合)といったペースで下がってきています。

これからも買取価格が下がると仮定すると、もう早く太陽光発電システムを設置したほうが良いという見方もできます。

2012年から導入された固定価格買取制度は、設置した年度の売電価格を10年間保証するよう電力会社に義務づけています。10kW未満の住宅用太陽光発電なら、10年間の途中で買取価格を下げられることはほぼありえません。

設置業者をしっかり検討しよう

太陽光発電は多くの人の関心を集めており、設置業者が豊富ですが、全てが良い業者とは限りません。残念ながら、なかには悪質な業者も存在しており、トラブルが絶えないという報告もあります。

特に注意が必要なのは「契約を急がせる」「メリットや特典などいいことばかりを言う」業者です。こうした業者は、一般相場とはかけ離れた請求額を出してくるリスクが高いのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




太陽光サービスランキング